主婦が自己破産する時のポイントとは?【役に立つ自己破産情報】

主婦が自己破産する時のポイントとは?【役に立つ自己破産情報】

主婦が自己破産する時のポイントとは?【役に立つ自己破産情報】

長引く不況の中、専業主婦の方の自己破産が増えています。専業主婦の自己破産で多いのが、配偶者にばれずに自己破産をしたいというケースです。基本的には、自己破産してもプライベートは守られますので、国の機関紙である官報に氏名と住所が掲載される以外には他の人に知られる可能性はありません。官報を見ている人はまずいないでしょうから、内容次第ではほとんどばれずに行うこともできますが、注意すべきポイントがいくつかあります。
注意すべきポイントとは、まず、99万円以上の現金、20万円以上の財産は失ってしまうことになります。これらがある場合には、処分され債権者に配当されることになります。事前に不正が行われないように、通常は過去2年分くらいの銀行預金の流れについては取引明細の提出を求められケースもありますので注意が必要です。
また、自宅などの住まいを購入している場合には、夫名義でも共有財産と判断されると差し押さえの対象となります。共有財産と判断されるかどうかは、事前に専門家に相談しておくことが必要です。さらに、連帯保証人が付いている融資を受けている場合には、自己破産して債務が免責されると、その債務は連帯保証人のところにいってしまいます。通常の、カードローンやクレジットカードの場合は無担保なのでこの限りではありません。
専業主婦の自己破産の場合、いくつかの注意点はありますが、家族に内緒で行うことも可能です。慎重を期すためにも専門家に任せるほうが無難です。