自己破産したらどんな影響がある?【気になる自己破産後の生活】

自己破産したらどんな影響がある?【気になる自己破産後の生活】

自己破産したらどんな影響がある?【気になる自己破産後の生活】

借金の返済が不能に陥った場合、最終的な法的解決法として自己破産があります。自己破産はすべての借金が帳消しになり、ゼロから再出発することができます。このメリットは非常に大きいものです。しかし、自己破産したら人生終わりというようなイメージを持っている方が少なくなく、なかなか踏み切れない人も多いようです。では実際に自己破産したら、その後の生活はどうなってしまうのでしょうか。

自己破産したら、一時的に自分の財産を勝手に売ることができなくなります。これは裁判所が選任した破産管財人によって財産は債権者に分散されることになるからです。これは仕方がないことですね。これは自己破産しなくても、借金返済のためには避けて通れないことでもあります。2つ目に、一時的に一定の職業に就けなくなります。働けない仕事とは、弁護士や公認会計士、警備員、貸金業者、生命保険募集員、損害保険代理店、建設業者などです。また、しばらくはキャッシングやクレジットカードが発行されることがなくなります。原則7年間はブラックリストに載ってしまうので、ごまかすことができません。

しかし、自己破産しても戸籍が抹消されたり、選挙権を失ったり、会社をクビになったりということはありません。何よりも、これまで借金返済に苦しんできたことから解放されるメリットのほうがずっと大きいことでしょう。借金がゼロになれば、そこからまた人生を再出発させることができます。