奨学金が返済できずに自己破産※自己破産後の生活を徹底解説

奨学金が返済できずに自己破産※自己破産後の生活を徹底解説

奨学金が返済できずに自己破産※自己破産後の生活を徹底解説

自己破産すると、奨学金を借りていた人でも奨学金のお金がなくなります。なので、奨学金を利用して、高校や大学に行ってたかたなら当然学校にいってたお金の借金があります。ですが、自己破産をすればその借金もなくなるということです。なので、学校を卒業したという証は残りますが、借金はなくなるということです。こんなことまでなくなるのは、良いことなのか悪いことなのか複雑です。ですが、借金はすべてなくなるので、自己破産をするかたは、その分デメリットもあります。デメリットは、ローンが組めなくなります。七年から十年程度と言われていますが、実際は個人差があるので、いつとは言いきれません。ですが、自己破産をしても、いずれはローンが組めるようになります。その他にも、財産がなくなります。財産は、家をもっているかたなら家や車などがなくなります。生活に必要最小限のもの以外はなくなります。なので、自己破産をするなら、良い部分もありますが、悪い部分も多くあります。自己破産をするなら、弁護士費用などもかかります。弁護士費用は異なりますが、分割をしてもらうことも可能です。なので、いくらずつでも良いので、少しずつ払っていける範囲で払えば良いです。
自己破産は、すべての借金がなくなるので、奨学金などでも借金の対象にはいります。ですが、メリットだけでなく、デメリットもあるので、まずは弁護士に相談してからの方が良いです。弁護士なら借金の解決方法をたくさん教えてくれます。