自己破産、2回目って可能?【自己破産が何回出来るのか徹底調査】

自己破産、2回目って可能?【自己破産が何回出来るのか徹底調査】

自己破産、2回目って可能?【自己破産が何回出来るのか徹底調査】

自己破産を行える回数に制限はなく、法律で定める要件を満たしていれば何回でも行うことができます。ただし、これは破産手続開始の決定と免責許可の決定を申立先の地方裁判所が行うことが前提です。しかし、自己破産の目的はあくまで破産した者の生活の再建であるため、2回目以降の申立てでは1回目と同じような判断を裁判所が出すとは限りません。2回目以降の申立てが認められるためには、いくつか注意しなければならない点があり、これをおさえておく必要があります。
まず、2回目以降の自己破産は、前回の免責許可の決定から7年以上が経過していなければ行うことができません。7年が経過する前に裁判所に破産手続開始の申立てと免責の申立てを行った場合、破産手続による精算が行われても免責許可の決定が下りないため、自己破産が成立しません。また、前回の免責許可決定から7年以上経過していても、免責不許可事由が存在すると、裁判所の裁量によっては免責が不許可となる可能性があります。
2回目以降の自己破産は、債務の全額免除後に取り組むべき生活の再建に失敗したが故に行われるものであるため、裁判所は前回の申立時より厳しい態度で審理に臨みます。免責許可の決定を判断する際は特に慎重になります。2回目以降の自己破産は成立させるのが非常に難しいということを留意した上で臨まなければならないでしょう。
なお、自己破産は非常に効力が強い制度であるため、2回目の行使をする場合も、他の債務整理の方法を利用できるかどうかを十分に検討した上で選択すべきである点は変わりありません。