自己破産するのにどれくらいの費用が必要ですか?※お答えします!

自己破産するのにどれくらいの費用が必要ですか?※お答えします!

自己破産するのにどれくらいの費用が必要ですか?※お答えします!

自己破産の手続きにかかる費用は、平均するとどのぐらいかかるのでしょうか?
これについてはまず、全国平均では291,946円となっており、30万円以下の費用で請負う弁護士事務所が多くなっているようです。
次に東京の平均をみると、東京は298,054円、それ以外のところだと289,305円となっています。
このように見ると、東京のほうが費用を安く設定しているところが多いように見受けられます。
これについては、他の地域に比べて東京は弁護士事務所の数が多くて、それだけ価格競争が激しくなるためと思われます。
相対的に競争率が低い地域では、逆に費用が高くなる傾向にあるようです。
さて、自己破産手続きを弁護士事務所に依頼した場合の、弁護士費用の平均はどのぐらいかかるのでしょうか。
これは着手金と報酬金で分けることができますが、着手金の場合は20~40万円、報酬金は20~40万円となっています。
なお、自己破産手続きは司法書士に依頼して行うこともできますが、司法書士に依頼した場合は、平均で15万~40万円程度がかかります。
さらに、自己破産手続きは自分で行うこともできます。
その場合は、平均で3万~5万円の費用がかかります。
費用は安いほうがいいのは確かですが、弁護士の力量も備わっていなければなりません。
特に自己破産手続きの分野で経験と実績があり、有用なアドバイスを与えてくれるところなら、安心して任せることができます。